ローンが払えない時の任意売却とは?

住宅ローンを申し込む時は、なるべく余裕を持って組む事をオススメします。しかし、一生の買い物だからこそ妥協する事が出来ずに、結局予想以上に多額のローンを組んで家を購入してしまう人は少なくありません。

それでは、もし家のローンが払えなくなった場合はどのようにすれば良いのでしょうか?家のローンは払え、1回でも払えないとすぐに取り上げられてしまうのでしょうか?

実は家のローンが払えなくても、任意売却の手続きを行う事で、強制的に物件が競売される事から守る事が出来るのです。それでは、一体どのように手続きをすれば任意売却を行う事が出来るのでしょうか?

任意売却って何?

住宅ローンを組んで家を購入している場合、もしも住宅ローンが払えなくなった時に、ローン融資を受けた金融機関との合意に基づいて、家を売却する手続きの事を任意売却といいます。

金融機関でも、借金が払えなくなると任意整理といって利息を抑えて返済する制度があります。こちらは、任意整理の不動産バージョンといった所でしょうか?任意売却を行う事で、競売されるという最悪の事態から守る事が出来るのです。

住宅ローンが払えなくなると、支払いが困難になり住宅ローン滞納が始まってしまいます。滞納は1ヶ月目から、督促状などが送られるようになってきます。

住宅ローンが3ヶ月~6ヶ月を滞納すると、住宅ローン融資の契約違反として、月々の分割支払いの権利を失う事になってしまいます。任意売却は、このタイミングまでには必ず手続きを行わないといけません。タイミングを逃してしまうと物件は競売にかけられてしまいます。

一度競売にかけられてしまうと、代金は全て借金の返済に使用されてしまうので、貴方には1円も入ってこなくなってしまいます。また競売で売却してしまうと、市場価格よりもずっと低い価格で売却しなければなりません。つまり、競売は損しかしないという事になるのです。

任意売却の手続きは、まず「任意売却無料相談」などの機関に相談してみることからスタートしてみましょう。特に、「任意売却無料相談」は、相談が無料なだけでなくスタッフの方から非常に親切に相談に乗ってくれるのでおススメです。

任意売却無料相談 http://nini-baikyaku.biz/

任意売却の手続き方法

任意売却の手続をする前に、まず任意売却をする為の仲介業者を選定しなければなりません。仲介業者を選んだら、「任意売却に関する申出書」を提出します。また仲介業者は、物件の調査を行い価格査定書を提出します。

任意売却で売却する物件の売り出し価格を決めます。仲介業者の査定価格が承認可能か確認したら、売出価格を通知します。そして仲介業者との間で、専属媒介契約を締結します。

仲介業者は、通常の不動産取引と同じように販売宣伝を行ってくれます。取引において、任意売却とばれる事はありませんが、定期的に「販売活動状況報告書」という書類を提出しなければなりません。

また、物件の購入希望者が現れた場合、機構が抵当権抹消できるか審査します。機構が抵当権抹消を承諾したら、購入希望者との間で売買契約を行います。売買代金の決済や、抵当権抹消書類の引き渡しを行って任意売却完了です。

任意売却のメリットとは?

競売の場合、落札額(市場の50%~80%)に比べると、任意売却の場合は市場価格に近い価格で取引する事が可能です。競売の場合は、競売費用もかかるので多額の債務がかかってしまったり、強制退去を余儀なくされる事もありますが、任意売却は引越し費用さえあれば、引越日を自分で決めて動く事が可能です。

また、ネットや新聞などで「競売物件」として自分の不動産が人に知られてしまいます。しかし、任意売却の場合はそのような事もなく、自然な不動産取引が可能です。

任意売却のデメリットとは?

競売の場合は、債務者が何もしなくても勝手に話は進んでいくので、ある意味取引が楽ですね。一方、任意売却は債権者との交渉や買取希望者との面談などが必要になります。不動産を売却するのを同じように購入希望者の内覧にも立ち会いが必要になります。

任意売却まとめ

任意売却とは、住宅ローンが払えなくなった物件を競売にかけられないようにする制度の事です。競売にかけられてしまうと、市場物件価格よりも遥かに低い価格で売却しなければならないだけでなく、家に住んでいた家族が強制的に引っ越しさせられる等といった事もあります。

特に子供がいる家庭の場合、家を取り上げられるだけでなく強制的に引っ越しまでさせられるのは非常にキツイですよね。競売の場合は、物件がネットや新聞に「競売物件」として掲載されてしまうので、プライバシー面においても精神的なダメージを受けてしまいます。

任意売却の手続きさえ行っておけば、人にバレる事なく自然な売却を行う事が可能です。また、競売価格のような低い価格ではなく市場価格に近い値段で売却出来るので、競売よりもずっと損も少なく済みます。

住宅ローン滞納3~6ヶ月のタイミングまでには、必ず任意売却手続きを行うようにしましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

せっかく手に入れた家を、人が売却する理由って?

NO IMAGE

ローンが払えない時の家売却方法とは?

NO IMAGE

家を売る時に、ローンが残ってる時はどうしたらいい?