家を売るのか貸すのかどっちが得なの?家を貸した時のメリット・デメリットも解説

家を売却しようと考えた時、ふと頭をよぎるのは「これは、もしかしたら売るより貸した方が得なのではないだろうか?」と思う人が多いと言われています。その理由の一つとして、ローン残額よりも売却額の方が少なくなっている人の方が多いからと言われています。

家は、古くなればなるほど資産価値は落ちていきます。その為、特に新築で家を購入した人の場合は価値が落ちている人も多く、いざ売却となった時に躊躇する事が多いのだそうです。

また、親から相続した家の場合は、とりあえず賃貸で出しておいて、数年たったら自分が住もうかなと考える人も多いそうです。特に、小さい頃から実家に住んでいた人の場合は実家に対する思い入れも強い人が多く、いざとなると売却出来なくなるのだそうです。

家を貸した時のメリット・デメリットとは?

家を貸すと、毎月家賃収入が入ったり、今まで支払っていた固定資産税を経費として計上する事が出来るようになります。また、マンションの場合は修繕積立金、管理費も経費として計上できるようになります。

しかし、家を貸す事にはデメリットも沢山あります。例えば、水回りや屋根の葺き替え、壁の塗り直しなどの修繕費は、例え自分が住まないといえども自分で払い続けなければなりません。また、賃貸にする事で住む人が変わる時には、ハウスクリーニングも必要になります。

いくら経費になるとはいえ、物件を所有し続けるにはかなりお金がかかります。時と場合によっては、その月の支払いが赤字になってしまう事も少なくありません。

時には、空き家リスクを抱える事も

物件の場所が人気のあるエリアならまだしも、郊外や駅から遠くて不便な場合、なかなか借り手がつかず空き家状態が続くケースも増えています。特に、今後は人口の少子化により益々空き家が増えていくとも言われています。

都心では、人口が増え続けているものの、郊外では人口が減少し地価を下がり続けているエリアも少なくありません。場所によっては、すぐに売却した方がよいエリアもあるので、色んな不動産の方に相談してみる事も良いかもしれません。

家賃滞納者が現れると面倒な事に

特にアパート経営している人の中で、多いトラブルの一つとして「家賃滞納」があります。これは借主が家賃を払えないまま滞納してしまうケースの事で、賃料がもらえない所か、色々と面倒な事に巻き込まれてしまうケースもあります。

収益物件・投資用物件としてしか売れないケースも

また、収益物件として使用している時に売却する場合、「収益物件・投資用物件」としてしか売却出来なくなる事があります。収益物件の評価は、家賃収入の利回りを考慮して決められる事も多く、普通に売るよりも安くなってしまう事もあります。

貸しておいて、将来的に売却する場合は?

まず、家を貸しておいてから将来的に売却を考える人も多いですが、都心部の一部のマンション以外は殆どの確率で価格が年々落ち続ける事が殆どです。都心部の一部のマンションで、4000万円したマンションが35年後に3600万円と高値で売れたというケースはありますが、それはかなり利便性の高い地域の場合に限られます。

また、郊外の一軒家よりも都心の駅近マンションの方が資産価値は落ちにくいので、こういった場合は賃貸にしておいて将来的に売却するのも良いですが、通常の郊外の一軒家の売却の場合は殆ど建築費が下落している事が多いです。

住んでいるエリアが人気エリアで、賃料が上がっている、これからどんどん再開発が進むエリアの物件、マンションの場合は、賃貸してから売却して利益をあげる事も出来るかもしれません。

しかし、土地の地価が年々下がり続けている、今後も再開発する予定はなさそうな一軒家といった、条件の悪い物件の場合はすぐに売却した方が、かえって損をしないケースが多いと言われています。

仮に、賃貸に出した所で一軒家にはなかなか借り手がつきにくいですね。特に、駅から遠く離れた郊外なら尚更借り手がつきにくく、固定資産税だけを無駄に払い続けたりしなければならなくなるでしょう。

家は売るのか貸すのか、どっちが得?まとめ

家を売るか貸すのか、どちらかを考えた時にまずする事は物件の地価や家賃の平均額などを知る事が大切です。家を賃貸に出すと、修繕費空き家リスク、家賃滞納などのトラブルを抱える事もあるので、その計算もした上で考えた方が良いでしょう。

基本的に、郊外の一軒家は古くなればなるほど売却額が減少します。また、駅から遠い物件は賃貸に出しても借り手がつきにくい事が殆どです。

しかし一軒家の場合、郊外でも安く売りに出されていれば買い手がつく可能性も高くなります。家を新築のような価格で購入したい方は、それなりに資金も持っているケースも多いのでわざわざ高い値段で買おうとは思わないからです。

家賃収入として利益を出してから売却したいなら郊外の家よりも都心で駅近のマンションを購入した方がよいでしょう。都心で駅近マンションの方が、一軒家よりも物件価格の下落が低くなる傾向がある上に、賃貸の借り手もつきやすい事が多いですね。

家を貸して利益を出したいなら駅近で都心のマンションを購入する事をオススメします。しかし、郊外の家の場合は賃貸に出すよりも、売却した方が損をしないケースが多いですね!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

瑕疵担保責任って一体何?隠れ瑕疵(かし)は損害賠償などの責任もありうる!

家を売却したら、固定資産税の精算金はどうなるの?

NO IMAGE

家の売却相場を調べる方法とは?家を売る前に不動産の価値を調べる重要性

NO IMAGE

家を売る時に、ローンが残ってる時はどうしたらいい?

NO IMAGE

ローンが払えない時の家売却方法とは?

NO IMAGE

家族名義の家を売却する場合はどうすれば良い?