家の売却相場を調べる方法とは?家を売る前に不動産の価値を調べる重要性

家を売る時に、絶対に誰もが気になる点として「家の売却相場」があります。もし、売ろうをしても不動産価値が想像以上に下がっていて損しかしない状況の場合や、売却価格よりも家のローンの方が多い場合は借金を抱えなければいけない事もあるのです。

損をしない為にも、家を売却する時は必ず物件の相場を調べておく事が大切です。

土地総合情報のサイトを利用する

土地の相場を調べる時は、国土交通省の土地総合情報というサイトで毎年3月に坪単価が公表されています。しかし、坪単価がいくらと知った所で、実際の物件の価値は分かりにくいかもしれません。

土地総合情報・不動産取引価格
http://www.land.mlit.go.jp/webland/(外部リンク)

最近では、土地総合情報の他に国土交通省が不動産取引価格情報を一般公開しています。調べたい都道府県、市町村を選ぶだけで、土地や建物などの実際の売買価格がわかるので、土地総合情報よりも素人の方には分かりやすいのでオススメです。

レインズの取引情報検索を利用する

不動産会社が利用できる不動産データベースの事を「レインズ」と呼びます。レインズには過去1年間の成約価格による取引情報を公開しているサイトがあるので、よりリアルな情報を収集する事が出来ます。

レインズ
http://www.contract.reins.or.jp/search/displayAreaConditionBLogic.do(外部リンク)

レインズの検索結果は、直近1年の取引情報グラフと追加検索条件が表示されるようになっており、その下に該当する物件情報が表示されるようになっています。追加検索を行えば、物件の間取りも閲覧できます。自分の物件に近い条件の物件の間取りをチョイスする事で、より物件の売却相場がわかるようになります。

ただ、レインズの逆転として検索条件に該当する取引情報が直近1年に100件に満たない場合には、原則として検索結果を表示できないようになっています。

物件が都心など比較的検索されやすい場所なら沢山でてくるかもしれませんが、田舎の物件の場合は物件の情報自体が出てこない事もあります。どちらかというと取引の多い都心向けの不動産サイトかもしれません。

ネットの不動産サイトを利用する

また、ホームズ、Yahoo!不動産、goo住宅・不動産のような不動産サイトを利用して売却相場を調べておくのもいいかもしれません。不動産サイトに紹介されている物件は、リアルな取引なのでより相場もわかりやすいのではないかと思います。

特にマンションなら、建物の構造もシンプルでみんな似ている点もあるので、築年数と場所、駅からの距離が同じ物件があるならほぼ一致しやすいと思います。一軒家よりもよりリアルな相場が出やすいので分かりやすいと思います。

不動産一括査定サービスを利用する

もっと簡単に売却相場がわかる方法として、不動産一括査定サービスを利用する方法があります。不動産一括査定サービスは無料で簡単に複数の不動産会社の売却相場を調べる事ができます。

中には、「イエイ不動産」など大手不動産会社を含む100社以上の不動産屋の中から、最大6社へ無料で一括査定依頼ができるサイトもあります。5分位で査定が完了するので、本当に便利なサービスなのでオススメです。

不動産によっては、同じ物件なのに売却価格が数百万違う事もあります。損をしないためにも、一度は不動産一括査定サービスを利用した方が良いですね。

不動産屋に相談する

もちろん売却相場を知るのに一番ベストな方法は、不動産屋に相談する事です。しかし、不動産の中によっては悪徳なものもある可能性があるので、必ず上記のような方法でまずは自分の目でしっかり調べてから不動産屋に行く事が大切です。

また、不動産によってはマンションと一軒家など得意分野があります。大手不動産は都心部のマンションに強い点もあるし、田舎の一軒家なら地域密着型の不動産の方が良いケースもあります。

絶対に損をしたくないなら、自分の足で沢山の不動産を回って物件売却査定額を調べてもらう事が大切です。また、別の物件の売却査定額を次に見てもらう不動産に持っていく事でより優位な売却額をつけてもらえる事もあるかもしれません。

家の売却相場を調べる方法まとめ

家の売却相場をネットで調べるには、土地総合情報のサイトを利用して土地の相場を調べる方法や、レインズの取引情報検索を調べて実際の売却取引価格を調べる方法、無料一括査定サイトで複数の不動産から査定する方法などがあります。

しかし、実際の売却価格はネットの情報よりも不動産に出向いて相談した価格が一番リアルではないかと思います。ただし、不動産により高い値段で交渉する為にもネットで調べた情報が必要になっていきます。

もし、自分の納得いく価格で売却したいなら決して諦めない事です。そして、上記の手段を利用して物件の相場を入念に調べた上で不動産に持っていきましょう。そして、自分自身で必ず希望価格になるように交渉するようにしましょう。

どうしても無理なら、一度引き下がる事も大事です。もしかしたら、後日不動産から連絡があって「ダメ元」で交渉した価格が成立する事だってあるかもしれないのです。

ほんの少しの手間を入れる事で、もしかしたら数百万円売却価格が変わってくるのが不動産です。みなさんも諦めないで最後まで自分の物件の価値をしっかり調べてから売却してくださいね!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

家を売却したら、固定資産税の精算金はどうなるの?

NO IMAGE

売却時に売りやすい家や土地とは?家を購入する際に気をつけること!

NO IMAGE

家を少しでも高く売る方法とは?物件の価格や価値を知ることの重要性

NO IMAGE

共有名義の家を売却する場合はどうすれば良い?

NO IMAGE

家を売るのか貸すのかどっちが得なの?家を貸した時のメリット・デメリットも解説

NO IMAGE

家は更地にするか、そのまま売るかどっちがいい?